男性にとって早漏というのはデリケートな悩みの一つです。今まで何をやっても早漏を改善できなかった方も、当サイトをご覧になり改善法をみつけてみてください。こちらでは早漏に効果がある薬などをご紹介していきます。

悩んでいる男性と薬
  • ホーム
  • 早漏の原因について知りましょう

早漏の原因について知りましょう

たくさんの薬

早漏で悩んでいる人は、なぜすぐに射精をしてしまうのかと原因を知ることが大切です。
原因がわからないままに早漏で悩んでいても仕方ありませんし、改善をしようと思ってもなぜすぐに射精をしてしまうのかわからなければ改善のしようもありません。
早漏の多くは心因性のものであることが多く、メンタル的なものですぐに射精をしてしまうというケースがあります。

性行為に対して免疫がなく過度の興奮をしてしまったり、あるいは早漏であることを気にしすぎてそれが逆に射精周期を短くしてしまうというものがあげられます。
性行為に対して不慣れであったり、ペニスが敏感すぎてすぐに射精をしてしまうというものもあり、性行為の経験が少なければ精神的なものだけでなく刺激そのものに慣れていないので射精が早くなってしまいます。

また、オナニーのやり方によっても早漏となってしまうことがあるので、その辺を見直してみることも大切です。
体調によっても射精周期は変わってくるので、疲労が溜まっているときなどはいつもよりも早くなってしまうことがありますし、お酒を飲んでいて自制がきかなくなりすぐ射精をしてしまうことも考えられます。
体調不良やお酒の失敗によるトラウマから、早漏になってしまうこともあります。
それ以外のものとしては、尿道炎や前立腺炎などの影響によって早漏になることもあり、この場合には原因がわかりやすいだけに対処はしやすいといえます。

このように早漏になる原因というのは、様々なものがあるため悩んでいるときには最初に原因をはっきりさせることが大切です。
わからないままに悩んでいると余計に状態は悪化していくこともありますし、間違った改善方法を試してみて無駄に時間を費やしてしまうこともあります。
理由がはっきりしなければ対策のしようもありませんから、一度原因を見直して見るようにしましょう。
その上で原因に合わせた対策をすれば、早漏も克服しやすくなります。

スクイーズ法で早漏を克服してみる

早漏の克服法としてよく取り上げられるものに、スクイーズ法というものがあります。
スクイーズは絞るの意味を持ち、スクイーズ法の名前の通り射精をしそうになったら亀頭部分をギュッと握って我慢をする方法です。

この方法は一人でもできますが、パートナーに協力をしてもらうことが前提となっていて、二人で協力をして早漏を改善する方法となります。
詳しいやり方としては、最初はパートナーにオナニーをするときのようにペニスをしごいてもらい射精しそうになったら動きを止めてもらって、亀頭を圧迫し我慢をします。
射精感が収まれば再び同じようにしごきはじめてもらって、それを何回か繰り返すことになります。
回数の目安としては10回程度行い、最後は射精をして終了です。

何度も射精を我慢することになるので精神的にも厳しいものですし、肉体的な疲労も溜まるため一人で行うよりは、パートナーに協力をしてもらったほうが効果的です。
また、性的刺激に対して敏感すぎることを解消するにしても、自分の手で刺激を与えるよりパートナーから刺激を加えてもらったほうが効果が期待できるので、協力してもらえる相手がいるのであれば協力してもらうのが良いでしょう。

スクイーズ法の注意点としては、一日二日で効果が現れるようなものではないので3-5ヶ月程度は根気よく続けて行くことが必要です。
次に射精をギリギリまで我慢をする方法なので、最後は射精をして終わらせなければ逆行性射精になってしまうこともあるので注意が必要です。
注意点さえしっかりと守っていれば、お金や道具も必要なく思い立ったその日から手軽に試すことができる方法となっているので、早漏で悩んでいるときには試してみる価値は十分にあります。

関連記事