男性にとって早漏というのはデリケートな悩みの一つです。今まで何をやっても早漏を改善できなかった方も、当サイトをご覧になり改善法をみつけてみてください。こちらでは早漏に効果がある薬などをご紹介していきます。

悩んでいる男性と薬
  • ホーム
  • 包茎の人は早漏が多いって本当ですか?

包茎の人は早漏が多いって本当ですか?

自分が早漏なのは、包茎だからなのではないかと悩んでいる包茎の男性は少なくありません。
しかしながら、包茎が早漏の直積的原因であるということは、医学的には否定されています。
また、包茎自体は病気ではなく、日本人男性の大多数を占めるといわれている仮性包茎の場合には、性交渉も特に問題なく行うことが可能です。

けれども、包茎の人に早漏が多いというのは本当で、直接的原因ではないものの、間接的要因であるとはされています。
包茎が早漏の間接的要因であるとされる理由はいくつかありますが、その代表的なものが亀頭を刺激した時に敏感すぎるということです。

普段から亀頭の皮がむけている状態の人の場合は、普段の生活の中でも下着で亀頭がこすれたりするなどの軽い刺激を受けているため、亀頭が刺激に強くなっている人が多いです。
一方で、包茎の人の場合には、普段は亀頭が常に皮で保護されている状態なため、刺激に慣れていません。
そして、その刺激に弱い亀頭が、性交渉をするときに皮がむけて刺激を受けることで、すぐに射精してしまうのです。

さらに、包茎の人は早漏であるというイメージが強すぎて、自分でもそう思い込んでしまうからという理由も挙げられます。
実際は、包茎であっても早漏でない人はたくさん存在します。
気にしすぎると、却って早漏になりやすくなってしまいますので、気にしすぎないことが大切です。
また、たとえ早漏であっても、性交渉のテクニックを上達させることで、パートナーである女性を満足させることは可能になります。

それでも、どうしても包茎のことが気になってしまったり、早漏のことで悩んでいたりするならば、包茎手術を受けるという手もあります。
包茎手術が成功すれば、普段から亀頭が露出した状態になり、早漏が改善することもあります。
クリニックによっては無料相談や無料カウンセリングを行っているところもありますので、包茎手術に抵抗がある場合にも利用してみてはいかがでしょうか。

早漏より遅漏の方が女性に嫌われる

自分は早漏ではないから、パートナーの女性を十分に満足させることができていると思い込んでいる男性もいるかもしれませんが、もし性交渉のときに射精するまでの時間が遅すぎる場合には注意が必要です。
場合によっては、早漏よりも遅漏のほうを嫌がる女性は多いからです。

射精に至るまでの時間が長すぎると、女性は性交渉の途中で疲れてしまって気持ちが冷めてしまうこともあります。
精神的な苦痛だけならまだしも、気持ちが冷めたことにより膣の中が乾いてしまい、そのままピストン運動を続けると膣の中が傷ついてしまう恐れもあります。
つまり、遅漏の男性と性交渉をすることは、女性にとって精神的にも肉体的にも苦痛になる可能性があるのです。

遅漏は正式名称を膣内射精障害ともいい、早漏と同じく射精障害の一種です。
早漏の原因の多くは精神的なものとされていますが、遅漏の場合には精神的な原因のほかに日頃の習慣が原因となっていることも多いです。
そのため、中には遅漏を生活習慣病の一種としてとらえているドクターもいます。

そして、遅漏の原因となっている習慣というのは、マスターベーションの方法が間違っていたり、アダルト動画の見過ぎだったり、人によって様々です。
ですので、遅漏の原因が自分の習慣にあるならば、他の生活習慣病を治すときと同じように、自分の生活習慣を見直すことが必要になります。

とはいうものの、早漏と同じで遅漏も気にしすぎると余計悪化させる原因にもなりかねません。
もし、パートナーとの性交渉が満足に行えていないのであれば、やはり射精障害を取り扱うクリニックに足を運んで、医師に相談してみたり、カウンセリングを受けてみたりするとよいでしょう。

関連記事