男性にとって早漏というのはデリケートな悩みの一つです。今まで何をやっても早漏を改善できなかった方も、当サイトをご覧になり改善法をみつけてみてください。こちらでは早漏に効果がある薬などをご紹介していきます。

悩んでいる男性と薬
  • ホーム
  • 勃起しなくなったら男をやめた方がいいのか?

勃起しなくなったら男をやめた方がいいのか?

年齢を重ねたり精神的なショックを受けたりしたことが原因でいざというときに勃起しなくなってしまうことがあります。
しかし勃起しなくなったからといって男としての性の営みをやめる必要はありません。
むしろ勃起しない状態になっているということは、EDの症状など身体にどこかに不調を来たしている兆候なので真剣に向き合って治療するのも男性の人生の前向きな選択肢の1つとなります。

ED治療薬の中にはシアリスという物があり、服用してから効果が現れるまでに、3時間ほどの時間が必要となる遅効性がみられる医薬品です。
その代わり最大で36時間という非常に長い時間効果が持続するというメリットがあります。
外国ではウィークエンドピルともいわれていて、その長い効果の持続時間は非常に人気です。

勃起しにくくなった人は即効性のED治療薬と、遅効性の少しずつ効果が出てきて持続するシアリスを自分の生活スタイルに応じて選べるようになっています。
シアリスに配合されている主成分となっているのはタダラフィルでPDE-5と呼ばれる酵素の作用を妨げる効果を得ることが期待できるのです。
このことによって男性器が勃起しやすい状態に導いてくれます。

銘柄としてはタダラフィルの薬価が5ミリグラムと10ミリグラム、20ミリグラムの物が製造されているのです。
ウィークエンドピルとシアリスが呼ばれるのは金曜日の仕事終わりに服用すれば日曜日の明け方まで効果が持続することが理由になります。
効果が持続する時間は、薬価が10ミリグラムの場合は24時間から30時間、薬価が高い20ミリグラムの場合は30時間から36時間ほどです。
即効性のED治療薬の効果が持続する時間は4時間から8時間ほどであると考えると大幅に長いことが分かります。

即効性のあるED治療薬の場合は効果が持続する時間を考慮して服用するタイミングを見計らう必要があります。
プレッシャーや焦りを感じる場合があるのですが、シアリスは服用するタイミングを気にせずに服用できるということがメリットです。

薬価が高いシアリスはジェネリックでも十分効果あり

個人輸入代行通販サイトなどではシアリスのジェネリック医薬品としてタダリスやメガリスといったED治療薬が販売されています。
日本ではシアリスの特許がまだ有効であるという理由でシアリスの正規品のジェネリック医薬品を開発することはできない状況です。

ですがインドではタダリスやメガリスといったシアリスのジェネリック医薬品が製造されています。
これはインドでは製造方法さえ変えればシアリスのジェネリック医薬品を製造しても違法にならないからです。

シアリスが勃起しにくい状態に対して効果を発揮するのは、主成分であるタダラフィルが身体に働きかける作用がほとんどを占めています。
タダラフィルの薬価さえ高い医薬品であればタダリスやメガリスといったジェネリック医薬品であっても十分な効果が得られることになります。

ジェネリック医薬品はタダラフィルを開発する費用がかからないので安い値段で製造することができます。
インドは日本と比較すると物価が安いので個人輸入代行通販サイトを利用すれば、クリニックなどの医療機関でお医者さんからシアリスを処方してもらうよりも、ずっと安い価格でタダリスやメガリスといったシアリスとほとんど効果に違いがないジェネリック医薬品を手に入れることができるのです。

ただし、最初にタダラフィルが主成分の医薬品を手に入れる場合は、ある程度お金がかかったとしても医療機関で、お医者さんから処方してもらった方が無難かも知れません。
なぜならシアリスがその人の体質に合っているかどうかを診察してもらった上で、シアリスを服用するのにあたっての注意点や用法、用量などについて十分な説明を受けられるからです。
その上で個人輸入代行通販サイトを利用すれば経済的な負担を大幅に抑えられます。

関連記事