男性にとって早漏というのはデリケートな悩みの一つです。今まで何をやっても早漏を改善できなかった方も、当サイトをご覧になり改善法をみつけてみてください。こちらでは早漏に効果がある薬などをご紹介していきます。

悩んでいる男性と薬
  • ホーム
  • 中折れにはレビトラが最高に効きます

中折れにはレビトラが最高に効きます

レビトラは、日本ではバイアグラの次に認可された3大ED治療薬の一つです。
有効成分であるバルデナフィルの含有量によって5mg、10mg、20mgの3種類が販売されていますが病院処方が原則であり、ドラッグストアや薬局で購入することはできません。
レビトラの1番の特徴は即効性と、それに伴う勃起時の強度にあり、中折れに悩む男性にも絶大な支持を得ています。

ED治療薬は服用してから効果が現れ始めるまでにバイアグラが約1時間、シアリスが約3時間必要としますが、レビトラの場合は20分程度です。
したがって、ED患者の多くが勃起しないことに対してストレスを感じ、ED治療薬を服用することでさらに緊張感を高めてしまうことがあります。
レビトラであればすぐに効果が現れますから、ストレスや緊張感を味わうこともありません。

レビトラの即効性は、バルデナフィルの水に溶けやすい特性が大きく関係しており、レビトラは服用するとすぐに分解されて最高血中濃度に達することができます。
体内に吸収されたレビトラは、生殖器抑制酵素であるPDE5の過剰分泌を阻止することで、性的な刺激に反応して血流を促すcGMPと呼ばれる物質の働きを活性化させます。
即座に陰茎部に血液が流れ込み正常に勃起するようになります。

こういった勃起を促すまでのプロセスは、成分は異なれど他のED治療薬と変わりません。
レビトラの場合、即効性が高いことから急激に血液を陰茎に送り込むことから、勃起時の強度が優れていることも大きなメリットです。
つまり、一般的に理想とされる勃起時の硬度はりんご程度とされていますが、レビトラはその即効性を最大限に活かしてりんご程度の強度も期待できるため、中折れに悩まされている男性にも最適なED治療薬だと言えます。

ただし、レビトラも他のED治療薬と同様に血管拡張作用が高いことから、ほてりや頭痛、鼻づまりや目の充血、胃痛や下痢などの副作用が現れます。
よって、より強力な硬度を求めて用量以上のレビトラを服用すると、重篤な副作用を引き起こす可能性が出てきます。
また、心筋梗塞や不整脈などの心臓病をはじめ、脳梗塞や糖尿病、腎不全の治療中の人や既往歴のある人はレビトラを服用することができない可能性がありますから、事前に専門クリニックなどで診察を受けておくことが大切です。

即効性があるレビトラジェネリックの種類

即効性が非常に高いレビトラですが、病院処方の場合だと1錠あたり1500円から1800円かかります。
さらに、レビトラの処方にかかる診察は自由診療となることから保険が適用されません。

そのため、薬代とは別に診察料が5000円から10000円程度かかってしまうことになり、ED患者の経済的な負担が大きくなっているのが現状です。
そこで、レビトラよりも安価に購入できるジェネリック品を求めて通販を利用する人も少なくありません。

ジェネリック品については、その医薬品の特許期間が経過することで、他の製薬会社が同じ成分・製法を用いることができます。
しかしながら、レビトラについては特許期間が残っているため、日本をはじめ諸外国ではジェネリック品を製造・販売することができません。
ただし、インドにおいては成分と製法で特許期間が異なるため、同じ製法を用いなければレビトラジェネリックを製造・販売できることからバリフ、サビトラといった製品が人気を得ています。

バリフ、サビトラともにレビトラの有効成分であるバルデナフィルを用いていることから、効果・効能はもちろん副作用に至るまでは同等と考えて問題はありません。
しかしながら、日本国内で認可されていないことから、病院で処方することはできません。
したがって、個人輸入代行業者を利用することになりますが、偽物も多く出回っているため、安さばかりにとらわれるのではなく、古くから運営されている信頼できる業者を選ぶことが大切です。
特にバリフについては、レビトラの製造元であるバイエル社との間で訴訟となり、在庫については販売できるものの、新たに製造することはできなくなっていますから、偽物がさらに出回る可能性が高いため注意が必要です。

関連記事