男性にとって早漏というのはデリケートな悩みの一つです。今まで何をやっても早漏を改善できなかった方も、当サイトをご覧になり改善法をみつけてみてください。こちらでは早漏に効果がある薬などをご紹介していきます。

悩んでいる男性と薬
  • ホーム
  • 世界初のED改善治療薬バイアグラについて

世界初のED改善治療薬バイアグラについて

バイアグラは、ファイザー社が開発した世界初のED改善のための医薬品です。
有効成分にクエン酸シルデナフィルを含有します。
クエン酸シルデナフィルは、医薬品としてはPDE5阻害薬に属する薬です。
バイアグラの有効成分であるクエン酸シルデナフィルは、男性の勃起現象が起きるメカニズムに沿って開発されています。

男性が性的に興奮したり刺激を受けたりすると体内に一酸化窒素が発生し、この一酸化窒素が誘因となって性器の細胞内で血管拡張物質が大量に生成される仕組みです。
性器で血管拡張物質が作られると、陰茎の海綿体内を通る太い動脈血管が拡張して大量の血液が流れ込み勃起現象が起きます。

一方、勃起現象が終わる時に関係しているのがある種の体内酵素です。
この体内酵素はPDE5型酵素といって、血管拡張物質を破壊する作用があります。
PDE5型酵素が働き血管拡張物質が壊されることで陰茎海綿体の動脈血管が弛緩し、血流量も低下すると勃起現象は終息です。

世界初のED改善薬であるファイザー社のバイアグラは、有効成分にDE5阻害薬のクエン酸シルデナフィルを含有しています。
PDE5阻害薬というのは、体内酵素のPDE5型酵素の作用をブロックする薬ということです。
PDE5型酵素が作用しないと、血管拡張物質が破壊されないので陰茎の血管の拡張と血流が維持されて勃起現象が持続します。
これが、ED改善薬バイアグラの有効成分クエン酸シルデナフィルの効果・効能です。

勃起現象が起きて終息する仕組みに基づいた医薬品なので、バイアグラを服用したからといっても薬の効果が続く間ずっと性的興奮とは無関係に勃起しっぱなしということはなく、あくまで性的に刺激を受けた時に性行為を行うに十分な勃起の維持をサポートします。
バイアグラは、空腹時に服用することでその効果を最大限に発揮する医薬品です。
また、医薬品を使用するにあたっては副作用や使用上の注意点について正しく理解しておく必要があります。
バイアグラの有効成分クエン酸シルデナフィルは、血管拡張の持続に関わる作用を持つ医薬品です。

そのため、バイアグラを使用すると高い割合で顔面のほてりや紅潮、動悸、軽い頭痛などの症状が見られます。
これは、医師の指導の下で安全に使用していれば心配のないバイアグラの副作用です。
バイアグラを使用すると、血管の拡張により血圧低下の可能性があります。
そのため、高血圧治療薬との併用では血圧の急降下の可能性があり併用は禁忌です。
他にも、血管拡張作用のある循環器系の疾患の治療薬との併用は生命に危険なレベルの血圧低下の可能性があるため一緒に使うことは絶対禁忌事項とされています。

安いのでいつでも使用できるバイアグラジェネリック

医薬品には、新薬とジェネリック薬という区分があります。
新薬は、初めて企画・開発されて承認され、市場に登場する医薬品です。

新薬には特許が設定されるので、同じ薬を他の製薬会社が製造することはできない仕組みになっています。
しかし特許期間が満了となると製造が可能で、他メーカーにより同じ内容で製造されるのがジェネリック薬です。
新薬は先発医薬品、これに対してジェネリック薬は後発医薬品と呼ばれることもあります。
新薬とジェネリック薬の大きな違いは市場での薬価で、ジェネリック薬は新薬の何分の1といった安価で流通しているのが特徴です。

これは、製造にかかるコストによります。
新薬が市場に出るまでには、実験や治験、臨床といろいろなプロセスが必要です。
その点ジェネリック薬は既にわかっている薬なので、低コストで製造することができその分薬価が安くなっています。
ED改善薬のバイアグラにもジェネリック薬が登場していて、カマグラはそのひとつです。

バイアグラのジェネリック薬として製造されているので、カマグラにはバイアグラ同様にクエン酸シルデナフィルが有効成分として配合されていてバイアグラと同じ効果・効能を備えます。
また、空腹時に使用することで血中に溶け込みやすいことや、顔面のほてりや動悸、軽微な頭痛など副作用の症状もほぼ同じです。
使用上の注意事項についても、同じ医薬品が併用禁忌に指定されています。
このように、バイアグラとほとんど同じ内容で同じ効果・効能を持ちながら安い価格で利用できるのがジェネリック薬のカマグラを利用する大きなメリットです。

医薬品を使ったED改善治療は、健康保険適用外の治療にあたります。
健康保険が使えないので費用は全額患者さんの負担となり、バイアグラを使ったED改善の治療を続けたいけれど経済的な事情で叶わないという男性も少なくないはずです。

関連記事